柔らかい!豚肩ロースの真空低温調理の作り方・🐭シェフの簡単レシピ

おうちごはん

どーもこんにちは(*^▽^*)

「ねずみとうさぎのだいどころ」在住の料理担当🐭です

訪問ありがとうございます(≧▽≦)

最近アニメで放送している「ダイの大冒険」僕も大好きなんですが辰🐉くん(8歳)が僕以上にハマってまして毎週楽しみにしてるんですよ(^^♪アニメならではの戦闘シーン!!ダイVSバランは漫画では味わえない迫力で興奮してしまいました(≧▽≦)「ダイの大冒険」ファンには是非見てもらいたい(●´ω`●)

以上🐭の独り言でした!!

今日は、家庭用の真空パック器を使っ豚肩ロースの真空低温調理を作っていきたいと思います(*^^)v

先月発売したばかりの、こちらの真空パック器!!僕も購入して使ってますがかなりお勧めです(●´ω`●)詳しく紹介したブログもこちらから見れますのでチェックしてみてくださいね(;^ω^)

『料理人お勧めの真空パック器プロ仕様ハイエンドモデル』

豚肩ロースの真空低温調理の材料

  • 豚肩ロース   500g
  • 黒蜜       30g 
  • 料理酒      10g
  • みりん      10g
  • カトレア醤油   20g
  • おろしニンニク  10g
  • おろし生姜    10g

カトレア醤油は、大分県で作られているスーパー等では手に入らない🐭シェフお気に入りの出汁醤油です(。-`ω-)✨

カツオの出汁などが入っているので旨味やコクがあり、角の無い優しい甘みが特徴です(*´▽`*)

出来れば使ってほしいんですが、無ければ麺つゆで代用可能です(^^♪

カトレア醤油はこちらの画像から購入できますよ(*^^)v

画像から直接カトレア醤油にどど~ん(^o^)/

一度食べたらファンになること間違いなしです!!美味しいと言わない人にあったことないですね(笑)

お勧めなので是非お試しあれ(^^)/

豚肉に対してタレの量が少ない気がしますが真空パックを使うことによって、少量のタレで味が十分染み込みますよ~(*^^)v

豚肩ロースの真空低温調理の作り方

豚肩ロースを真空していこう

①豚肉以外の材料を全て合わせて,ナイロンポリ袋に豚肩ロースと一緒に入れます!!

②真空時間と書かれたボタンを押して、空気を抜く時間を調節します。今回は25秒で設定しました。

③蓋を開けてからノズルと書かれたボタンを押してノズルを出しましょう。

④真空パックの口を開きノズルをしっかりと中にいれてくださいね!!

④セット出来たらズレないように蓋を閉めます!!動作中に動かないようにするために蓋が少し固いですがカチッと音がするまで閉めましょう(^^)/

⑤開始ボタンを押すと空気を吸い込み真空状態になります(●´ω`●)簡単すぎる!!かなり音が大きいので時間帯などに気を付けてくださいね(^^♪

⑥見てわかるようにタレが、豚肉にしっかりと接しているので味が均等に浸みこんで美味しくなります!!冷蔵庫で一晩寝かします。。

豚肩ロースを低温調理していこう

①一晩寝かした豚肩ロースを冷蔵庫から出して30分ほどおき、常温に戻します!!常温に戻さないと外側ばかり火が入り中側の部分に火が入らず、入るころには外側が固くなってしまいます(≧◇≦)ステーキやお魚等もそうですが焼く前には常温に戻してくださいね(;^ω^)

②大きな鍋などに、水を張り真空パックのまま入れます。中火で水の温度が75℃から80℃になるまで火にかけます!!

③温度が上がったらキープできるように火加減を調節してください。大きな鍋を使う理由は小さくて水が少ないと弱火でもすぐに100℃まで上がってしまうんです。出来るだけ大きな鍋で水も多めで作ってください(*^^)v

75℃~80℃になってから2時間ほど火にかけたら柔らかくなっていると思うので火を止めて10分間くらいおいて落ち着かせます。そのまま食べても良いですし、その日に食べないのでしたら氷水(僕は保冷剤を使ってます)に落とし冷ましましょう!!冷めたらそのまま冷蔵保存、もしくは冷凍してもいいと思います(≧▽≦)

⑤冷蔵保存した場合は沸かした水に入れて温めるだけなのでとても簡単です。レトルトカレーを温めるイメージですね(≧▽≦)

⑥僕は冷蔵保存したものを温めずに厚めにカットしてそのままいただきました(*^▽^*)

最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

「ねずみとうさぎのだいどころ」在住の料理担当🐭がおおくりしました(^.^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました