麹味味噌に漬けた豚ヒレ肉の真空低温コンフィの作り方・🐭シェフの簡単レシピ

おうちごはん

どーもこんにちは!!

「ねずみとうさぎのだいどころ」在住の料理担当🐭です。

遊びに来てくれてありがとうございます(;^ω^)

『実は今、スイーツ担当の🐰さんと一緒に起業を企てているんです( *´艸`)

先日、商工会の方に相談に行きました。知らないことが多過ぎて、決めることが多過ぎて悪戦苦闘してますが、新しくアクションを起こすのって面白いですよね。

宿題も出されたりして子供の頃に戻った感覚(笑)子供のように頭を柔らかくした方がいいアイデアが出そうなので子供の心を思い出しながら楽しんでいきたいと思います!!がんばるぞー(≧▽≦)』

以上🐭の独り言でした

今日は、🐭シェフお勧めの真空パック器を使って、麹味噌に漬け込んだ豚ヒレ肉の真空低温調理の作り方をアップしていきますよー(≧▽≦)

料理人が選ぶ、お薦めの真空パック器を紹介します!!

先月発売したばかりの、こちらの真空パック器!!僕も購入して使ってますがかなりお勧めです(●´ω`●)何がいいのか!どこがお勧めなのかも詳しく紹介したブログもこちらから見れますのでチェックしてみてくださいね(;^ω^)

『料理人お勧めの真空パック器!!プロ仕様ハイエンドモデル』

豚ヒレ肉の真空低温コンフィの材料はこちら

  • 豚ヒレ肉ブロック  300g
  • 麹味噌        30g
  • オリーブオイル    30g

豚ヒレ肉の真空低温コンフィの作り方はこちら

麹味噌を浸透させよう

①豚ヒレ肉をキッチンペーパーでくるみます。

②ペーパーが重ならないようにして麹味噌をペーパーの上から均等に塗ります。ラップでくるみ一晩冷蔵庫で寝かしましょう!!

真空状態にしよう

①ナイロンポリ袋に入れて、オリーブオイルも加えます。

②真空時間と書かれたボタンを押して、空気を抜く時間を調節します。今回は25秒で設定しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_6595-1024x633.jpg

③蓋を開けてからノズルと書かれたボタンを押してノズルを出しましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CENTER_0001_BURST20210523121632264_COVER.jpg

④真空パックの口を開きノズルをしっかりと中にいれてくださいね!!

⑤スタートボタンを押して真空スタートです(=゚ω゚)ノ

⑥あっという間に真空パックできましたー(^^♪

真空低温コンフィにしていこう

①豚ヒレ肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます!!季節にもよりますが夏は30分、冬は1時間くらい時間をかけます。中が冷たいと火の入りが悪く、生の状態になったり外側との火の入り方にムラができてしまうんです。かなり重要なので必ず常温に戻してくださいね。

②大きめの鍋に、お湯を張りペーパーやタオルを1枚沈めてください。1枚入れることにより優しく火を入れることができます!!

③パックのまま入れて、中火で65℃前後になるまで温めます。

④弱火にして65℃の状態をキープして、そこから1時間火を入れていきます(;^ω^)

⑤火を消して取り出し、10分ほど放置します。少し置くことでお肉が落ち着き、カットした時に肉汁などの旨味が外に流れにくくなりますよ(*^^)v

⑥袋から取り出し、フライパンに油をひいて強火で豚ヒレ肉の葉面に焼き色をつけていきます!!香ばしさもプラスされて美味しさアップです( *´艸`)

⑦好みの厚さにカットし、盛り付けたら完成です(●´ω`●

真空低温コンフィは脂身の少ないヒレ肉や鶏のムネ肉等に相性が良く、パサつくことなく柔らかく仕上げることができますので是非お勧めの調理法です(●´ω`●)

今回、赤外線の温度計を使用しました(*^▽^*)

赤外線温度計も便利ですが、こちらの低温調理機も温度設定やタイマー予約なども出来るので最高です(●^o^●)今回使用した真空パック器と合わせて使うと鬼に金棒です( *´艸`)

柔らかいお肉料理を作ってみてくださいねー(*´▽`*)

最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

「ねずみとうさぎのだいどころ」在住の料理担当🐭がおおくりしました(^.^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました